BlogNews


by dash_fur312

フジ高木アナ、社長転身!化粧品会社立ち上げへ

女子アナから社長へ-。フジテレビ系ニュース番組「FNNレインボー発」(連日後8・54)の月曜担当などで活躍中の高木広子アナウンサー(39)が今年いっぱいで同局を退社し、化粧品会社を立ち上げることが7日、分かった。社長業の傍ら、フリーアナとしても活動予定で、40歳を前にした決断。新たな夢の実現に燃えている。フジテレビに入社して丸16年。昨年再婚した年商100億円ともいわれる人材派遣会社会長の夫(60)に相談の上、高木アナが新たな一歩を踏み出す。もともとのきっかけは同局の関連会社「ストーリア」が、2008年から始めたウエディング事業。東京・南青山サンタキアラ教会を拠点に多彩な挙式・披露宴を手がけており、タレントの皆藤愛子(27)がイメージキャラクターを務める。高木アナも希望して09年から、企画・立案などのプロデュースをしてきた。その過程でウエディングプランナーとフードアナリストの資格も取得。昨年12月にはプロ野球・ソフトバンクの内川聖一外野手(29)と元フジアナ、長野翼さん(30)の挙式をプロデュース。こうした経験を積みつつ新規事業の醍醐味を知ったことに加え、生来肌が弱いことから、興味のあったスキンケアに重点を置いた基礎化粧品の会社を来年、立ち上げることになった。高木アナはサンケイスポーツの取材に「私事で恐縮ですが、年末で退社することになりました。たくさんの方に出会い、素敵な経験をさせていただきました」とアナウンサーとしての仕事に感謝。その上で、「『ストーリア』では新しい発見や出会いの連続でした。来年4月に40歳になるのを前に、新しいフィールドへという思いが強くなり、決断しました」と明かした。起業したフジの女子アナでは、過去に坂野(ばんの=旧姓・土井)尚子さん(53)がネイル関係の会社を立ち上げた例があるぐらいで、異例の挑戦ではある。が、高木アナは「化粧品で幸せ作りのお手伝いをしながら、フリーアナとしても私らしい40代を築きたい」と第2の人生にかけている。
IQ診断する方法
ペアストラップ
女性の抜け毛
ドラム式洗濯機のデメリット
失語症の原因とリハビリ
[PR]
by dash_fur312 | 2011-09-08 12:34 | BlogNews7